りなっちの山口

二つ目は揚げ物のほかジャンクフードというような脂質の代謝が不得意な洋ナシ型と言われているタイプで、皮下脂肪がつきやすいタイプで、女性のほうが男性に比べて多めです。

このタイプに関しては、痩せようと努力してもなかなか痩せづらいタイプと言えるでしょう。

たぶんそれは、自分に合っているダイエット法ではないことが原因かもしれません。以前なら、なぜ痩せないんだろうと一人で悩んでいたかもしれませんが、最近では簡単にその訳を知ることができるのです。このタイプに分類される人は、脂質を減らした食事を摂りながら、唐辛子もしくはショウガというような温熱食材と言われる食材を摂取して体を温めることによってダイエットの成果が見込めるでしょう。

肥満のタイプは四種類に分けられ、肥満遺伝子変異が元となるものが三種類と遺伝子変異は見られず生活習慣によるものに区分することができます。一つ目はパンやごはんなどの糖質の代謝が苦手なリンゴ型と呼ばれているタイプで、内臓脂肪が付きやすいタイプで、女性に比べて男性に多いのが特徴です。

初めに、検査を行ってくれる企業から検査キットを買いましょう。次に、検査キットの中には綿棒が入っているため、この綿棒を使用してほほ周辺の粘膜を採取しましょう。

そして最後にその粘膜を付けた綿棒を返送するのみでよいのです。三つ目は豆腐並びに豆類などのたんぱく質の摂取が不十分なバナナ型と言われているタイプで、外見は筋肉が少ないように見え、ほっそりした人がほとんどで、男女の比率は同程度です。

このタイプに分類される人は、体質的には太りにくいのですが、逆に太ってしまうと簡単には痩せにくいタイプです。このタイプであると、痩せやすい体質ではあるのですが、逆にリバウンドもしやすいタイプとなっています。

このタイプの人は、糖質を制限した食事を摂るのと合わせて、糖質を燃焼すると思われるビタミン1をたくさん摂取することで、減量効果が望めます。

引っ越し費用で沖縄から東京まで最安値はコレ!

それから、約2〜3週間で検査結果が書かれている紙が家に配達されます。

検査キットの費用は各企業で若干の差はあるものの、おおよそ5500円前後となっています。いつも常にあとちょっとだけ体重を減らせたらと考えている人は多いのではないでしょうか。ですが、痩せたいと思ってテレビで紹介されたダイエットに挑戦してみても痩せない、雑誌で紹介されていた方法を試しても全然ダメ、という方は多いことでしょう。自分がどういった体質なのか、どうすれば痩せることが可能かを遺伝子検査というやり方で知ることができます。

一昔前までは遺伝子検査というと医学上のものでしたが、最近では誰でも簡単に自宅にいながら遺伝子検査をやることが可能となったのです。

広告を非表示にする