【佐賀】花火大会帰りに衝突事故、父死亡し8歳男児重体 親子4人乗りの乗用車

花火大会帰りに衝突事故、父死亡し8歳重体

28日午後10時頃、佐賀市高木瀬町長瀬の国道263号で、親子4人乗りの乗用車など3台が絡む事故が起きた。

 

佐賀県警佐賀北署の発表によると、同市大和町久池井(くちい)、職業不詳中川信幸さん(47)が死亡、小学3年の息子(8)が意識不明の重体となったほか、男女4人が軽傷を負った。

 

同署によると、中川さんの妻(38)が運転する車がガソリンスタンドから国道に出ようとしたところ、直進してきた乗用車と衝突、後続の1台が追突した。

中川さん家族が乗った車は横転した。

妻以外は後部座席にいたとみられ、妻と2歳の息子のほか、衝突するなどした乗用車の男性2人がいずれも軽傷を負った。

 

現場は片側2車線の直線。

中川さん家族は、近くで開かれた花火大会を見た帰りだったという。