等身大で生きよう!

日、楽しく生きる

sonokoです!

今日は、夫とデートでした

銀座にある久兵衛本店でランチ。

最上階だったかな。ギャラリーコーナがあるんです。

初代と親交の深かった魯山人の作品が展示されています。

様な色形の器たち。

魯山人の器にお寿司を出していたそうで、器を割ってしまう時もあったそうです。が、魯山人は幾度も無償で?器を提供していたそうです。

確かそんな事が書かれてありました。はっきり覚えていなくてすみません

さすが魯山人、器が広い!

夫が以前から連れて行きたい!と言ってくれていたのですが、本当に本当においしかったありがとう

大好きな雲丹

食べるのに夢中職人さんの握る姿に見入ってしまい、写真がこれだけですが

外国の方もたくさんいました!

日本の寿司を食べに来ているそうです。

今では様な国で日本の食文化が普及されており、お寿司も以前ほど特別ではない。でも、それは各国でアレンジされたお寿司と理解しているそう。彼らはそれはそれで楽しみ、日本に来たならば日本の寿司を楽しんでいる、というような事を職人さんが言ってました。

なるほど〜

なんだか、そうゆう楽しみ方っていいな〜って思いました

良いものを広めたいという想い。

でもだからといってこれでなければ!と握りしめない。

お寿司は握るけどね

いつでも本物はどっしり。だから本物。

それは等身大だから。

偽って大きくみせる必要がないから。

久兵衛は老舗と言われる寿司屋の一つですが、今も尚その味や職人さんの技術やおもてなしが愛されているその裏にはそれを守り繋いできた久兵衛の歴史があるんだなぁ。。

私も、本物。

唯一無二の存在。

この命はこれまで繋いでくれた先祖がいたから。

守り抜いてくれた歴史があるから。

ご先祖様、ありがとうございます。

偽って、大きくみせる必要なんてないし、

私なんてと卑下する必要もないんだ

本物って等身大であり等神大でもあるんだな〜

なんて事を思いました。

また書きたい事が繋がりました